練習

ギックリ腰が、今すぐ改善! 動画で説明を見れば、かんたん動けるようになる

 

ギックリ腰で、「イスから立つのも痛い」「動くと、何をしても痛い」というあなたへ

 

ギックリ腰の状態でも、体のバランスを変えて、ギックリ腰から回復する方法を日本で初めて、マニュアル化に成功しました。

 

最短5分ギックリ腰から回復

 

このマニュアルでギックリ腰を自分で治してみませんか?

世界的発見! バランスで腰痛を治す方法

 

ギックリ腰を
  自分で治すマニュアル

 

このバランスを自分のものにすれば、
もう腰痛の痛みで苦しむことはなくなります

このマニュアルをオンライン動画でついに公開!

 

今までの腰痛治療には、一番大事な事が抜けていた。
それはバランスを良くすること

 

特徴1:オンライン動画でギックリ腰から普通に動けるようになる方法・手順を説明します。
あなたは、動画と同じように体を動かすだけで、ギックリ腰から早期に開放されます。
購入後、すぐに動画を見れるので、最短5分でギックリ腰が楽になります
(DVDではないので、購入度、すぐに見れることができます)


特徴2:痛みを緩和させるだけではありません。ギックリ腰の状態から、いち早く、
普通に歩ける、ジャンプ、腰を反らせる、前にかがむ、走れるようになるなど、
動いても大丈夫の状態にする方法を動画でレクチャー・解説します

  動画で説明する通りにすれば、自分でかんたんにできる
  不思議と痛みが楽になり、動けるようになる!!!
    ギックリ腰を治すには定石や手順があった!
   ギックリ腰を新しい概念で治す方法がついに完成

      その鍵は、体のバランスにあった。

 

ギックリ腰になった時に、何をしたら、いち早くギックリ腰から脱出できるのか?

あなたにオンライン動画でレクチャーします。

ギックリ腰から回復するのに、

マッサージで筋肉をほぐすことや骨盤調整など必要ありません。

コルセットや腰ベルト、腰用サポーターなども使う必要がありません

電気治療や温めること、湿布も必要ありません
ストレッチ、筋トレ、体操でもありません

必要なのは、ただ一つ、正しい体のバランスで動くことです

ギックリ腰とはどのような状態なのか?

解説します。

これが理解できれば、ギックリ腰から脱出できる準備が整います。

今後、二度とギックリ腰にならないように

骨格のバランスを崩さない極意をレクャー・解説します

 

 

 あなたは、一生、腰痛の痛みと付き合っていく
 つもりですか?

 

あなたは、ギックリ腰・腰痛を繰り返ししていませんか?

 

私は整体院をしていますので、新規の人には過去にギックリ腰や腰痛があったかどうか聞くと

 

多くの人が、ギックリ腰や腰痛を繰り返し起こしています。

 

「出産後、腰痛になったから、30年腰痛持ち」というように、慢性的に何10年も腰痛があるという人も珍しくありません。

 

なので、腰痛と長く付き合っている人は腰痛がなくなることを信じていない。

ギックリ腰になってもしょうがないと思っている人が多いと思います

 

それはなぜか?今まで腰痛治療を受けてもきちんとした原因を説明してもらってないから、

 

何をどうしたら、腰痛を克服できるのかわからないようです。

 

これでは、希望が見えませんね。

 

そこで、私は、バランスを変えて腰痛を克服するという方法を発見しました。

 

この方法をマスターしてもらえば、これらの問題を解消できるものと思っています。

 

腰痛治療に、バランスを変えるという新しい扉を開き、大きな風を吹き込みたいと思っています。

興味ある方は先を読み進めて下さい~

 

③自己紹介

 

広島でR.Door整体院をしています大本達夫と申します。

 

大学卒業後、土木の現場監督をしていました。

 

この仕事をしていても、自分が情熱を持って仕事をしていないことを

 

自覚していました。

私が最も情熱を注いでいたのは、高校生の時のバスケットボールでした。

 

私は、運動神経だけが唯一、得意なことでした。

それを仕事にしたいと考えました。

そこで、整体が浮かびました。

 

29歳で会社を辞めて、整体の世界に入りました。

 

リラクゼーションではなくて、お客様の健康の悩みを解決したいという思いで、

 

たくさん整体の勉強をしてきました。

 

私は、今まで4つの整体療法を習ってきました。

 

そして、腰痛、股関節、半月板損傷、膝痛、オスグット、足首の痛みなどでお困りの方に

 

特に成果を出してきました。

 

しかし、いくら整体療法を勉強して、練習してもうまく改善させられないクライアントがいました。

 

整体療法のみで改善することに限界を感じて、体のバランスとは何か、どのように、体を使うと良いのか?

 

勉強し、研究してきました。

 

そして、床反力という力が骨格のバランスと深く関係していることを発見しました。

 

ある時、「腰を痛めて野球ができない」と来院した野球選手に、

 

この床反力の理論を応用する方法を思いつき、実践した所、

 

10分位で、ジャンプしたり、走ったり、バットで素振りができるようになったのです。

 

それからすぐに、野球ができるようになりました。

 

その方法が整体をしたのではなく、体の動きをレクチャーしたのです。

 

例を挙げると、自転車を乗る練習の時のように、

「しっかりハンドルを握って、前を向いて・・・」

 

その時に自転車を支えて上げたり、少しはサポートしますね。

 

私がしたのはその程度です。

 

本人が自転車に乗るバランスが身に付くと自転車を乗れるようになりますね。

 

ギックリ腰もそのバランスを本人が体得するとギックリ腰から脱出できるのです。

 

それからいろんな腰痛の人にも同じようにレクチャーすると

 

数分で腰痛の症状や痛みがなくなり、整体施術するよりも早く結果が出て、

次に来た時も「大丈夫」と言われることが多く、これは本物だとすごい発見をしたことに気づきました。

 

「自分でバランスを変えて、良くなってもらう」

 

新しい概念の腰痛回復法です

 

医師や先生に治療してもらう、施術してもらうのではなく、

「先生、なんとかして!」の他力本願ではなく、

 

本人に、体の動かし方が間違っていた事に気づいてもらい、バランスを正しく変えてもらうことだけです。

 

自分の行動で良くなるので自信が持てます。

自分で腰痛を克服したと・・・

 

腰痛治療を新しい時代に変えたいと思っています

 

 

日本で腰痛患者は2300万いるとNHKテレビで言っていました。

 

なぜ、こんなにも日本人は腰痛を抱えているのでしょうか?

日本人の腰が弱くなってしまったのでしょうか?

日本人が運動不足だからでしょうか??

では、どうしたら、日本人の腰痛が減るのでしょうか?

日本にはたくさんの整形外科があり、接骨院、鍼灸院、マッサージ院などあるのに、

 

どうして、腰痛患者は減らないのでしょうか??

 

それは、

 

腰痛がなぜ、起こるのか?

腰痛はなぜ、治らないのか?

 

腰痛はなぜ、繰り返し起こるのか?

上記の腰痛の原因のことが考えられることなく、

痛みや症状を抑えようとする治療が主流なので、

 

再発を防ぐことや予防ができないので腰痛患者が減らないのではないでしょうか??


⑤痛みをえぐる

 

==================

治らない腰痛治療を受け続けますか?

==================

ギックリ腰や腰痛になったら、病院などで注射や鎮痛剤や湿布で、痛みを抑えたり、電気治療やマッサージで腰をほぐしたりしている人が多いですね~

 

これらは、原因を調べずに痛みだけ抑えようとしているのです。(これらは対症療法と言われています)

痛みを抑えても、また、腰は痛くなると思いませんか?

腰痛になる原因は何一つ変わっていないのですから。

何回も腰痛を起こすということは、治らない治療を受けている事になりませんか?

 

治らない治療を受け続けて、一生、ギックリ腰や腰痛を繰り返し起こして、腰痛の痛みと戦い続けるのか?

 

腰痛になる原因を見つけて、腰痛との戦いを終わらせるのか??

 

どちらの道を進みますか?

 

============================

ギックリ腰や腰痛は他人に治してもらうものと思っていませんか?

============================

あなたは、ギックリ腰になった時に、病院や接骨院、整体院、鍼灸院、マッサージ院などへ行って、先生に治してもらおうとしていませんか?

 

ギックリ腰を数回の治療で治してくれる先生はたくさんいます。

 

しかし、先生の技術・治療に頼れば、頼るほど、ギックリ腰や腰痛は先生に何とかしてもらうもので、自分では治せないものと認識してしまいます。(やり方さえ分かれば、自分で治せるものですよ)
さらに、施術や治療で治してもらうと”気づき”が生まれないのです。

ギックリ腰や腰痛のことがよく分からないままなのです。


ということは、また、ギックリ腰や腰痛になり、先生に治してもらう繰り返しになりかねないのです。

 

もし、自分で治すことを学んだら、ギックリ腰や腰痛にならないコツをつかめるため、予防法も分かり、ギックリ腰や腰痛を繰り返す可能性が減ることにつながります

 

====================================

コルセット、腰痛ベルト、腰用サポーターなどに、いつまで頼るつもりですか?

====================================

 

ギックリ腰や腰痛になると病院などで、コルセット作ったり、腰サポーターを買って、腰に巻いたりしている人多くいますね。

腰が痛くもないのに、腰を痛めたら嫌だから、これらに頼っている人もいますね。

これらに頼りだすと腰痛とは縁が切れませんよ。

仕事を続ける限り、腰痛と付き合うしかなくなります。

 

なぜなら、これらに頼るということは、「自分の腰は弱い」と認識しているからです。

「自分の腰が弱い」、「腹筋や背筋が衰えている」などは間違った思い込みです。

これらは「介護の仕事」の人に多いですね。

 

「腰の筋力が不足しているから腰痛を引き起こす」というのは完全に間違った常識です。

 

腰痛の常識は間違いだらけなのです。

 

腰の筋肉が弱っているのではなくて、体の使い方を間違えているだけです。
間違った体のバランスになっていて、腰に負担のかかるバランスなのです。

 

正しいバランスを身につけると腰痛に負担はかかりませんので腰痛にはなりません。

 

h1 {
position: relative;
color: #333333;
text-shadow: 0 0 2px white;
background: #e0f3ff;
z-index: -4;
border-radius: 0 10px 10px;
}

h1:before {
content: “”;
position: absolute;
background: #9de5ff;
width: 50px;
height: 50px;
border-radius: 50%;
top: 50%;
/* border: dashed 1px white; */
left: -15px;
-moz-transform: translateY(-50%);
-webkit-transform: translateY(-50%);
-ms-transform: translateY(-50%);
transform: translateY(-50%);
z-index: -1;
}

===========================================

整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどで施術を受けてもバランスは変わりません

===========================================

正しい体のバランスを身につける事が一番の腰痛予防になると言いましたが、

 

整形外科でリハビリしてもらっても整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどの施術を受けても体のバランスは良くなりません。

体のバランスとは、・・・

逆立ちするのもバランスが入りますね。
初めて、自転車に乗る時も他にもサーフィンやスキーやスノーボードもバランス感覚を覚える必要がありますね。
ベットに寝てて施術を受けて、スノーボードができるようになる事はありえませんよね。

体のバランスは、バランスのことを教わり、自分で体得するものです。

 

(では、ギックリ腰や腰痛と関係あるバランスとは、物を持ち上げる時もバランスであったり、中腰の時もバランスがあります。歩く時や前に屈む時、座っている時もバランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です