腰痛が、  すぐ改善!   動画を見て 同じように動くだけで、  かんたん に、 楽に動けるようにする方法 

       

                 自分で腰痛を改善して

                 みませんか?    

             最短5分で腰痛改善

 自分でバランスを変えて 

 腰痛を改善するマニュアル 

 

 オンライン動画(動画20本、約50分)でついに公開 

 

自分でバランスを変えて腰痛改善させるマニュアルを手に入れる

※マニュアルサイトを閲覧できる期間は、ご購入から 6 ヶ月です。

 腰痛改善法が新しい時代に変わる!

 施術からレッスンへ 

 骨盤矯正なんてもう古い!

 

現在、多くの治療家や施術家

の先生が大注目している方法です

 

 

信じられない位の驚きの改善 実例

 

脊柱菅狭窄症で、5分から10分しか連続して歩けなかったのが、
たった6日間で、両足のしびれや股関節がほとんど痛みなく、

歩けるようになりました。

 

 Q:どんなことでらいいんされたのですか? 

股関節の痛みと両足のしびれが出て、

5分から10分しか歩けないという症状がありました。

脊柱管狭窄症と診断されました。

 Q:「歩く」とはどんなイメージでしたか? 

「苦痛でしかない」

 Q:3回ほど、「自分でバランスを変える」ことをしましたがどうなりましたか? 

びっくりしたのスムーズに歩けるようになったことです。

最初はドタドタ歩いてること自体、全然気ずいていなかったです。
大本先生に言われて、はじめて自覚できました。

 Q:今日は20分歩いたのですがどうでしたか? 

今日はスッスッスとスムーズに歩けて、

しびれや股関節の痛みがほとんどなかったです。

 Q:矯正したり、揉みほぐしたりするわけではなく、カラダのバランスを取るやり方はどうでしたか? 

簡単な体操のような感じで、きついこともなく、痛みもなく誰でもできますし、時間的にもかからないし、、、
今まで行ってたところは1時間位揉みほぐしてたけどそ、んなこともなく、体を触れるられることもなく、バランスを取るための体操をしただけです。

 Q:これだけで良くなると思いましたか? 

良くなるとは別として、今までいろんな治療を受けてきました。
病院や鍼灸やマッサージなど行ったけど、ダメで、今回、大本先生の話を聞いて、すごく腑に落ちる所がありまして、、、

 Q:それはどんな話でしたか? 

バランスを変えると良くなるという話しです。

 Q:今までどれくらい前から症状があったのですか? 

この症状が10年間もありました。

それがたった6日間でここまで改善するとは思っていませんでした。

今は、意識して良い歩き方をしていますが、無意識でもできるようになりたいです。

 Q:同じように脊柱菅狭窄症で悩んでいる人にアドバイスはありますか? 

私が感じたのは、脊柱菅狭窄症で背骨がつぶれているのをレントゲンを見たのですけど、それが原因で痛みがあるわけではなく、それは要因だけど、バランスが悪いからそこへ負荷がかかり、症状が出るんだと思います。

 Q:バランスさえ良くなれば、悪いところがあっても大丈夫になるということですか? 

そうですね。

これからも宜しくお願いします。

 

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 

病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

 
 
 

20年前からの腰痛が、たった1ヶ月で20代の腰が悪くなる前の体にリセットされた!

 

20年前からの腰痛で、普通の生活が困難になり、  
ただ座っているだけでぎっくり腰のような状態になっていたのが、
たった数回で痛みがなくなっただけでなく、
 
20代の腰が悪くなる前の体にリセットされた!

 

こんなに体がやわらかくなった!

インタビュー

 

 Q:今回、腰痛で来ていただいたんですけど、今まで腰痛どんな状態でしたか? 
 
A:20年位前からなんですけど、ぎっくり腰をきっかけにして、
おかしくなって、整体に行ったり、鍼に行ったり、気功、
アロママッサージしたり、あらゆる事したんですけど、
結局1ヶ月ぐらいするとまた、元通りになって、
これをずっと続けないといけないんだとわかるんですけど、
一生続けないといけないのと思うと凹んでしまいまして、、、
費用もかかりますし、諦めて自分が気をつければいいんだろうと
結論を出しまして、無理しない。重たいものを持たない。
重労働しない。
するとだんだん体力が落ちてきて、普通の生活が困難になり、
ただ座っているだけでぎっくり腰のような状態になったり、
ちょっと物を拾うとしたらグキッってなったり、
「これはちょっといけんわ」ということで、ここへ来ました。
 
 Q:しゃがんだりするだけでも? 
A:おそろおそろでしたね。
もう老人みたいな動きになってましたね。
階段降りる時も手すりを持って、、、
 
 Q:そうしないといけないほど、腰が・・・ 
A:怖かったんです。
 
ちょっとしたことで腰がグキってなるので。
 
 Q:当院の整体に来てどうなりましたか? 
A:最初はこんなことでというのが、、、
何もしなくてただ動き方を矯正する。矯正までもいかないし。
ただ体操してるかの感じですよね。
 
今まであれだけ、針とかで痛い思いをして、あちこち触られて、
レントゲン撮られて20年間やって来たのに、こんなことで、
でも1ヶ月はやると決めたので、
 
 Q:では、最初はこんな事やっても良くなると思わなかったですね? 
A:どうなんだろうって、思いました。
 
でも、騙されたと思って1ヶ月通ってみて、今日の状態です。
もう全然、20代の(腰が)悪くなる前の状態にほぼ、
リセットされてる感じです。
体力は、しょうがないですけど、、
 
 Q:体が柔らかくなりましたよね。
A:肘や頭が下に着く位です。
痛いこともなくなって、、、
 
 Q:最初来た時は、治るのをあきらめていると言われましたね? 
あきらめなくて良かったですね。
 
いろんな事が視野に入ってきましたね。
あれしよう。これしようって。
 
 Q:行動しようという気になったのですね。
はい、制限していたもを外しても大丈夫かなと。
それが一番うれしいです。
 
旅行も行きたいし、秘境にも行ってみたい・・・
山登りもしたい・・・
 
 ぜひ、行ってもらたいです 
ありがとうございます

 

 

 

 

実際にやってみた

動いても「大丈夫」!

 

大抵の場合、体を前に曲げても何の問題もなくなります

 

左側:実践前は前に曲げると腰が痛い  右:実践後はなんともない

 

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

 

大抵の場合、腰をしっかり反らせる事ができるようになります

 

左側:実践前は腰を反らせると痛い  右:実践後はなんともない

 

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

 

実際にバランスを変える方法をした感想

 

こんな簡単な動作で、短時間で楽になるなんて夢にも思わなかったです

 

 Q:実際やってみてどうでしたか? 

全然楽になっちゃって、
ものすごい楽になりました。

ありがとうございます。

 Q:何が良かったと思いますか? 

今までと上半身だけで無理矢理起きようとしてたんだなぁとすごく、実感して間違った体の使い方してたんだなぁと思いました。

 Q:今後もこのやり方を続けると腰痛はどうなると思いますか? 

痛みを忘れてしまう位楽になると思います。

こんな簡単な動作で、こんな短時間で楽になるなんて
夢にも思っていませんでした。

すごくびっくりしました。

 Q:これってみんなができそうですか? 

ほんとにちっちゃい子からお年寄りまで誰でもできると思います。

すぐに身に付く楽な動作だと思います。

この癖をずっとつけていきたいと思います。

 

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

 

特徴1:オンライン動画(動画本数20本、約50分)と文章で腰痛から普通に動けるようになる為の方法・手順を説明します

あなたは、動画と同じように体を動かすだけで、腰痛が早期に楽になることが期待できます! 購入後、すぐに動画を見れるので、最短5分で腰痛が楽にする方法が分かります

(DVDではないので、購入度、すぐに見れることができます)

 

特徴2:痛みを緩和させるだけではありません。腰痛で「動くと痛い」状態から、いち早く、普通に歩ける、ジャンプ、腰を反らせる、前にかがむ、走れるようになるなど、
動いても大丈夫の状態にする方法を動画でレクチャー・解説します 

 

 

腰痛を改善させるには定石や手順があった!

新しい概念で腰痛を改善する方法がついに完成。
その鍵は、体のバランスにあった!

 

 

自分でバランスを変えて腰痛改善させるマニュアルを手に入れる

※マニュアルサイトを閲覧できる期間は、ご購入から 6 ヶ月です。

 

 あなたは、腰痛やギックリ腰を繰り返ししていませんか?

私は整体院をしていますので、新規の人には過去に腰痛やギックリ腰があったかどうか聞くと

「出産後、腰痛になったから、30年腰痛持ち」というように、慢性的に何10年も腰痛があるという人も珍しくありません。

さらに、

「仕事をやめない限り、腰痛は治らないと思い」

「20年前にヘルニアをやったから、腰が悪くて・・・」

「姿勢が悪いから・・・」

など、腰痛が根本から治るとは思っていない人が多いです。

これらの人達も他の腰痛治療を受けてきたのです。

しかし、なぜ腰痛の治療を受けても、腰痛は繰り返し起こり、治っていないのか?

 

それは、今までの腰痛の治療が対症療法だったと考えられませんか?

例えば、

 腰がコル ➡ マッサージでほぐす

  腰が固くなる ➡  ストレッチで伸ばす

  骨盤がズレる ➡  骨盤矯正を受ける

  痛い ➡ 電気治療や鎮痛剤で痛みを抑える

  腰が弱い ➡ 腹筋や背筋運動する

  腰が安定しない ➡ コルセットを腰に巻く

 

これらを延々繰り返して、『腰痛は治らないもの』になったのではないでしょうか?

腰痛が治らない原因は何でしょうか?

なぜ、腰がコッたり、固くなったり、骨盤がズレるのか?

腰痛になりにくいコツはないのか?

そこで、私は、バランスを変えて腰痛を改善するという方法を発見しました。

バランスが良いと、体は安定して腰に負担がかからないので、腰がコッたり、固くなったり、骨盤がずれたりしません。

この方法をマスターしてもらえば、これらの問題を改善できるものと思っています。

 

腰痛改善に「バランスを変える」という新しい扉を開き、大きな風を吹き込みたいと思っています。

興味ある方は先を読み進めて下さい。

 

 走れる! ジャンプしても大丈夫!

ある日、「筋トレしていて、腰を痛めて野球ができない」と野球選手が来院しました。

腰用サポーターを腰に巻いて、歩くのも痛そうで腰に手を当ててかばっている様子で

「動くと何をしても痛い」そうです。

その時に、

「こうすると、バランスが良くなるんじゃないか!」とひらめき、
その動きをレクチャーして、動いてもらうと動けるようになったのです。

たった10分程度で、ジャンプしたり、走ったり、バットで素振りができるようになり、

それからすぐに、野球ができるようになりました。

その方法が整体施術をしたのではなく、体の動きをレクチャーだけなのです。

例を挙げると、はじめて自転車を乗る子供の練習の時のように、

「しっかりハンドルを握って、怖がらずに足に力を入れて・・・」

と教えますね。

その時に自転車を支えて上げたり、少しはサポートしますね。

私がしたのはその程度です。

その後、何人も腰痛で動くと痛い人が来院しました。
その人達にも同じように、バランスを教えただけで、腰痛が改善したのです。
坐骨神経の痛みの人まで、1回バランスを変えただけで「大丈夫」になりました。

整体施術するより、時間もかからないし、本人がバランスのコツをつかめるので予防もできます。

こんないい方法はない。

これを日本中に広めて、腰痛の人を激減させたい。

「この方法を多くの人に広めるまでは死ねない!」と思うようになりました。

まだ死ぬような歳ではありませんが(笑)

 

はじめまして

広島でR.Door整体院をしています大本達夫と申します。

大学卒業後、土木の現場監督をしていました。

この仕事は私にとって大変でした。

先のことを考えたら、明るい未来と思えなくて、、、

 

29歳の時に土木の会社を辞めて整体の世界に入りました。

なぜ整体かというと、私は運動神経だけが唯一、得意なことでした。

 

得意なことを仕事にしたい。この仕事なら情熱を持って仕事できるじゃないかと。

広島の整体学校を出て、3年後、R.Door(アールドア)整体院を開院しました。

 

今までのリラクゼーションではなく、健康の悩みを解消させることをしたいと思い、本格的な整体を学びました。

その後も学び続けて、4つ以上の整体療法を習ってきました。

そして、腰痛、股関節、半月板損傷、膝痛、オスグット、足首の痛みなどでお困りの方に

特に成果を出してきました。

 

しかし、こんなに整体療法を勉強してもうまく改善させられないクライアントがいました。

 

「どうして、改善しないのか?」と挫折感を味わいました。

それからも「自分の技術はだめだ」と思うようになり、

うまく改善しないことも多々ありました。

 

整体療法のみで改善することに限界を感じて、体のしくみ、骨盤の使い方など重心、体の動かし方の勉強をするようになりました。

 

その後、床反力という力が骨格のバランスと深く関係していることを発見しました。

そして、「反力バランス」と名付けて、体系化しました。
これは、本人が反力を生み出せる体になってもらう必要があります。

「先生、なんとかして!」の他力本願ではなく、「自分でバランスを変えて、良くなってもらう」

新しい概念の腰痛改善法です。

 

医師や先生に治療・施術してもらうのではなく、

本人が体の動かし方が間違っていた事に気づいてもらい、

バランスを正しく変えてもらうのです。

 

自分の行動で良くなるので自信が持てます。
自分で腰痛を改善したと・・・

 

腰痛改善を新しい時代に変えたいと思っています。

他力本願から、自らの力の可能性を信じて、行動する!という時代へ。

 

 

 一度、腰痛になると治らない現実!!!

 

日本で腰痛患者は2300万いるとNHKテレビで言っていました。

なぜ、こんなにも日本人は腰痛を抱えているのでしょうか?
日本人の腰が弱くなってしまったのでしょうか?

日本にはたくさんの整形外科があり、接骨院、鍼灸院、マッサージ院などあるのに、

どうして、腰痛患者は減らないのでしょうか??

 

それは、

腰痛がなぜ、起こるのか?
腰痛はなぜ、治らないのか?

腰痛はなぜ、繰り返し起こるのか?

上記の腰痛の原因のことが考えられることなく、
痛みや症状を抑えようとする治療が主流なので、

予防ができないので腰痛患者が減らないのではないでしょうか??

 

 

 治らない腰痛治療を受け続けますか?

ギックリ腰や腰痛になったら、病院などで注射や鎮痛剤や湿布で、痛みを抑えたり、電気治療やマッサージで腰をほぐしたりしている人が多いですね~

 

これらは、原因を調べずに痛みだけ抑えようとしているのです。(これらは対症療法と言われています)

腰痛になる原因は何一つ変わっていないのですから。

 

何回も腰痛を起こすということは、治らない治療を受けている事になりませんか?

治らない治療を受け続けて、一生、ギックリ腰や腰痛を繰り返し起こして、腰痛の痛みと戦い続けるのか?

 

または、

腰痛になる原因を見つけて、腰痛との戦いを終わらせるのか??

どちらの道を進みますか?

 

 ギックリ腰や腰痛は他人に治してもらうものと

 思っていませんか?

あなたは、ギックリ腰になった時に、病院や接骨院、整体院、鍼灸院、マッサージ院などへ行って、先生に治してもらおうとしていませんか?

 

ギックリ腰を数回の治療で治してくれる先生はたくさんいます。

 

しかし、先生の技術・治療に頼れば、頼るほど、

「ギックリ腰や腰痛は先生に何とかしてもらうもの」

「自分では治せないもの」と認識してしまいます。

 

さらに、施術や治療で治してもらうと”気づき”が生まれないのです。

ギックリ腰や腰痛のことがよく分からないままなのです。

ということは、また、ギックリ腰や腰痛になり、先生に治してもらう繰り返しになりかねないのです。

 

もし、自分で改善することを学んだら、ギックリ腰や腰痛にならない為のコツをつかめるため、

予防法も分かり、ギックリ腰や腰痛を繰り返す可能性が減ることにつながります

 

 コルセット、腰痛ベルト、腰用サポーターなどに

    いつまで頼るつもりですか?

ギックリ腰になると病院などで、コルセット作ったり、腰サポーターを買って、腰に巻いたりしている人多くいますね。
腰が痛くもないのに、腰を痛めたら嫌だから、これらに頼っている人もいますね。
これらに頼りだすと腰痛とは縁が切れませんよ。

仕事を続ける限り、腰痛と付き合うしかなくなります。

 

なぜなら、これらに頼るということは、「自分の腰は弱い」と認識してしまうからです。

「自分の腰が弱い」、「腹筋や背筋が衰えている」などは間違った思い込みです。

これらは「介護の仕事」の人に多いですね。

 

「腰の筋力が不足しているから腰痛を引き起こす」というのは完全に間違った常識です。

腰痛の常識は間違いだらけなのです。

 

腰の筋肉が弱っているのではなくて、体の使い方を間違えているだけです。
間違った体のバランスになっていて、腰に負担のかかるバランスなのです。

正しいバランスを身につけると体は安定するので、腰痛に負担はかかりませんので腰痛になることは考えにくいです。

 

   整体や骨盤矯正、マッサージなどの施術を

    受けてもバランスは変わりません

正しい体のバランスを身につける事が一番の腰痛予防になると言いましたが、

整形外科でリハビリしてもらっても整体、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージなどの施術を受けても体のバランスは良くなりません。

 

体のバランスとは、・・・

逆立ちするのもバランスが入りますね。
初めて、自転車に乗る時やスノーボードもバランス感覚を覚える必要がありますね。
ベットに寝てて施術を受けて、スノーボードができるようになる事はありえませんよね。
体のバランスは、バランスのことを教わり、自分で体得するものです。

 

(では、ギックリ腰と関係あるバランスとは、物を持ち上げる時もバランスであったり、中腰の時もバランスがあります。座っている時もバランスがあります。)

 

しかし、これらの施術を受けて、腰の痛みが楽になった事がある経験をした人も多いと思います。
施術を受けると筋肉をほぐされたり、体の歪みが整ったり、関節が調整された結果、体が緩んで、血液循環や気の流れが良くなったり、痛みがなくなったりします。

 

これらの施術はとてもいいことのように思いますが、時間が経つと元に戻り、体が歪んで、足の長さがズレる、骨盤がズレる、筋肉がコルなどして痛みが出て、また、施術を受けることになりませんか?

なぜ、体が歪んで足の長さがズレたり、骨盤がズレる、筋肉がコル、体が緊張してカチカチになるのか?

それは、間違った体のバランスで生活しているからです。

 

正しい体のバランスを身につけない限り体は安定しないので、筋肉は緊張して腰痛につながります。

私も整体師なので、体の歪みを検査して整体施術して、体(背骨や骨盤)をまっすぐにして来ました。

施術後は、体の歪み、骨盤の歪み左右差、足の長さ、重心など整ったように感じました。

その時はクライアントさんも楽になります。

しかし、普段の生活の中で体はまた、緊張して歪みます。

それはなぜか研究しました。

一体、どんな体になれば、腰痛になりにくくなくなるのか?

それが、体のバランスのとり方だと気づいたのです。

そこで、腰痛の人を調べると100%間違ったバランスで生活していたのです。

 

 

 間違ったバランスで動くことが、腰痛の原因だった

そして、医師や治療者もこの正しい体のバランスの取り方に気づいている人はほとんどいないことも分かりました。

 

代表的な間違いが腹筋や背筋を鍛えて、筋力で体を支えるという考えです。

お腹に力を入れないといけないとか

丹田に力を入れるとか

体幹に力を入れるこれらもそうです。

筋力を付けることとバランスが良くなることは全く違うことです

 

  なぜ、腰痛改善法にバランスが、今まで

   見落とされてきたかというと

私は整体療法を4つ以上習ってきました。他にもいろんな整体などの勉強会に参加してきましたがバランスの勉強はありませんでした。

 

どんな勉強してきましたかというと、、、
「どうやって治すのか?」「どうやって痛みを取るか」「どういう施術で歪みを取るか?」

「どういう風に体を調整するか?」という勉強なのです。

 

医師はどの薬が鎮痛効果がよく出るのか? どのように手術をしたらいいのか?

整体師は整体施術の研究、カイロプラクターはカイロプラクティックの研究

鍼灸師はどこに鍼を打てば効果が出るのか?

マッサージ師はどうやったら筋肉をほぐすことができるのか?を研究しているのです。

なので、体のバランスのことは、ほとんどの人が研究していないということになります。

なので、私はこれから腰痛を根絶させるために、正しい体のバランスで体を動かす方法を広めています。

 

腰痛で「動くと痛い」状態から日常生活が支障なく送れるように動画で動けるようになるようになるにはどう動いたら良いかレクチャーします。

 

以下のような動きを正しいバランスでできるようになると動くと痛い腰痛から改善が期待できるばかりではなく、ギックリ腰・腰痛を予防できる方法でもあります。

腰痛が改善した後も忘れずに生活をしていくことが大切です。

 

商品の内容です

 

椅子からスッと立てるようレクチャーします

ひどい腰痛の時は椅子から立つ時にも痛みが走り、立つのが大変ではないでしょうか?

痛みなく、スッと立つには、コツがあります。

この時に絶対やってはいけないNGがあります。

このNGなことは、腰痛の人はクセになっており、バランスが崩れるの原因なのです。

このNGなことをやめないと腰痛は良くなりません。

そして、正しい立ち方をレクチャーします。

この椅子の立ち座りをマスターすると早期改善につながります。

 

 

楽に、安定して歩けるようになる方法をレクチャーします

ひどい腰痛の時は体が左右のどちらかに傾いて歩いたりしています。

その状態では、体を真ん中に戻そうとして、腰に力が入り痛みます。

痛いから腰やお腹に力が入ってしまい、肝心な所に力が入っていません。

この間違ったバランスを正常に戻すように動画で解説します。

動画の通りに歩けば、体は安定して楽に歩けるようになります

 

 

椅子の座り方をレクチャーします

バランス良い椅子の座り方をしている人はほとんどいません。

間違ったバランスの座り方をしていると、腰痛が改善するどころか

逆に悪化してしまいます。

なので、どんな椅子にどんな座り方で座っているかが重要なのです。

腰痛の人は100%バランスの悪い座り方をしているので、長時間、椅子に座れないなどの問題を持っています

バランスが良い座り方を教えますので、これを実践する事が腰痛やギックリ腰を改善する近道となります。

 

 

 

前に屈めるようにレクチャーします

朝、顔を洗う時や靴下を履く時、スリッパを揃えたり、床にあるものを拾う時など、

日常生活では、前に屈むことは多いです。

腰痛やギックリ腰になるのも何気ない動作で、前屈みになった時に起こる事が多いのです。

腰が痛い時は、この「前に屈む」ことができない、怖いという人が多いですね。

なので、腰痛の人は、前に屈む時にバランスを失っているのです。

なので、前屈みがバランス良くできるようにレクチャーします。

体を前に曲げて、戻すことを繰り返してもなんともないというバランスを身に付けて下さい。

 

これをマスターすると一気に痛みがなくなり、何をしても大丈夫になる人も多いです。

バランスを一気に改善させて、痛みがなくなり、動けるようになることを可能にしたのが、この前屈みができるようになるレクチャーです。

今回の目玉の一つです。

重要なので、しっかり練習しましょう。

 

 

腰を反らせる事ができるようにレクチャーします

腰を反らせるようにレクチャーします

ギックリ腰の時は前屈み気味になる人が多いですね。

腰を反らせるなんて、とんでもないという人もいます。できるわけないと・・・

腰を反らせることができないと前屈みのままの姿勢になってしまい、歩く時に太ももの前側の筋肉に負荷がかかり、足がパンパンになります。そのまま、お尻~腰まで固まった状態が続くと回復が遅れますね。

反らすことができないくらい腰回りが固まってしまうと足がしびれたり、脊柱管狭窄症などに発展してしまう危険もあります。

背骨は前にも後ろにも横にも。釣り竿のように、しなる必要があるのです。

背骨周りは、固まっていてはいけないのです。

そのために腰を反らせるレクチャーします。

恐くない方法で、バランスを入れて、できる方法がありますので安心してやってみて下さい。

腰を反らせることができると「良くなってきた」と感じて気分も良くなり、不安が消えてきて、改善するのに追い風になります。

 

 

ジャンプできるようにレクチャーします

ジャンプできるようになるとギックリ腰の人でも、だいぶ楽になっているはずです。

腰の痛みが取れてもきちんとジャンプできるようにならないと治ったとは言えません。

ジャンプの着地の衝撃で腰に響くようでは、まだまだバランスに問題がある証拠です。

なので、ジャンプできるようになることがとても重要なのと分かってもらえたでしょうか?
ジャンプできるようにレクチャーします

走れるように、スキップできるようにレクチャーします

走ったり、スキップできるようにならないといけません。
走るには、重心(体)を前に倒さないとうまく走れません。
重心を前に倒してもバランスを崩さないで走れるようになる必要があります。
スキップ片足ジャンプが入るので、できないとバランスが良くなったとは言えません。

スキップできるようにレクチャーします

 

上記のことがすべてできるようになると全身のバランスは良くなっており、ギックリ腰も楽になっているはずです。

うまくいかない場合は何かやり方が間違っていると考えられます。
もぅ一度動画を見て、動画の通りにできるようになりましょう~

 

 

中腰で腰痛にならない為の方法をレクチャーします

腰痛持ちの人は中腰で腰が痛くなる人がとても多いです。

中腰の作業はバランスが抜けやすく、腰に負担が集中して腰痛を引き起こすのです。

どうやってバランスを取り、中腰で腰が痛くならないようにするかレクチャーします

 

 

荷物の持ち上げ方をレクチャーします

荷物を持ち上げて、腰を痛める人が多いですね。あなたは苦手意識がないですか?

荷物を持ち上げても腰痛にならない為の方法を教えます。

痛くなりにくい方法だけでなく、苦手意識、恐怖心まで取り除くことができます。

人は重いものを持つとイメージしただけで腰が痛くなる人もたくさんいるのです。

「何しても腰は大丈夫」というイメージを持ててはじめて、腰痛を改善したことになります。

 

 

このマニュアルは、こんな方に向いています

 

  今、腰痛で動くと痛い人。しかし、動けるようになれる方法があるなら、積極的にチャレンジする人

  自営業で腰痛で自分が動けないとお店が回らない人で休業したくない人

  明日は大事な仕事があるから、会社をお休めない

今日中に、腰痛をなんとかしたい人

  「なんか腰がおかしいぞ」このままでは、ギックリ腰になりそうだ

未然にバランスを良くすることで、ギックリ腰を回避したいと考えている人

  腰の痛みで何回も注射を打ちたくない

薬や注射に頼らず、ギックリ腰をなんとかしたい方

  スポーツの試合があるのに、腰痛で力が入らない。

思いっきりスポーツをしたい方

  もう二度とギックリ腰など腰痛を引き起こしたくない人

  自分の力で腰痛を改善したい人

  腰痛を一時的に痛みを抑えるのではなくて、

  根本から良くしたい人

 

 

 

 

どんな人に向いていないか?

下記に該当する人は買わないで下さい!

 

 高齢者で足腰が弱りすぎている人

 自分で腰痛を治すんだという気持ちを持っていない人

 興味本位な人

 情報だけを知りたい人

 腰痛は、他人がなんとかしてくると思っている人

 自分で治すのがめんどくさいと感じている人

 根本から腰痛を治す気持ちのない人

 健康の自立を考えていない人

 

 

特典1半年間の無料メールサポート 

回数無制限 納得行くまで質問して下さい

 

〇〇ができないなど、うまくいかない場合や

こういう場合はどうしたら良いですか?わからないことがあれば、ご質問・ご連絡下さい。

 

 

特典2腰痛の7大原因を教えます。(PDF版)

この7つの原因が絡み合って腰痛が長期化したり、

治りにくいものになっています。

特典は購入者様アドレスにメールでご案内致します。

 

 

特典3腰痛改善61の攻略法(PDF版)

腰痛を攻略する考え方、知識など61の方法を記しています。

間違った知識や考え方で腰痛が長期化したりしてしまいます。
腰痛を改善するための必要な知識を知りましょう~

・「痛みを撃退するだけの力が、私たちの体の中に備わっていることを知っていますか?

・痛みは脳が作り出している?!
・腰痛の痛みは、骨や軟骨、椎間板は痛みと無関係と知る。

 では何が腰痛と関係しているのか?

・〇〇が不足すると腰痛になる。〇〇とは何でしょうか?

特典は購入者様アドレスにメールでご案内致します。

 

価格

 

このマニュアルの料金は15,000円です。

整体に3回位通院してかかる料金ですね。

高いと思われるかも知れませんが、もし、このマニュアルで腰痛にならない為のコツをつかめたら、

今後、腰痛改善に通院してかかるお金や時間を要らなくなります。

そして、「また、ギックリ腰や腰痛を起こすのではないか?!」という不安や恐怖から開放されるでしょう。

そう考えるととても安い料金と思います

 

痛みを抑えるだけの対症療法を受け続けるのか?
正しいバランスの動きを習得して、ギックリ腰になりにくいカラダを手に入れるのか?

 

この正しいバランスを教えてくれる所はほとんどありません。
というのは体幹トレーニングが流行っているように筋肉を鍛えるという事がメインとなっているからです。

正しいバランスを身につける事と筋肉を鍛えるということは全く異なることです。

毎日1時間も体幹トレーンングしているのに、ひどい腰痛になって整体院に来たバレーボールの選手がいました。

筋肉を鍛えてもギックリ腰や腰痛の予防にはならないことを示しています。

間違った方法でいくら頑張ってもギックリ腰や腰痛を予防できません。

 

腰痛改善に、今まで見落とされていて、知られていなかった、新しい考え方の正しいバランスの体の動かした方マニュアルを手に入れて、ギックリ腰や腰痛を良くしてみませんか?

 

 

 

商品の引渡し時期・方法

 

代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロードして下さい。

 

 

 

 


 

動画を見ただけで本当に腰痛が改善されるのでしょうか??

すべての腰痛の人がすぐに楽になるわけではありません。

特に、足が弱りすぎているご高齢の人はすぐには良くなりません。

しかし、すべての腰痛の人が根本から良くなるための必要な知識だと思います。

動画で説明している通りに動いて下さい。不思議と楽に動けるようになるはずですので。
難しいことは一切ありません。簡単ですが、動画の内容をよく聞いてその通りにしてくださいね。

常識とは違いますので、自分の考えは捨ててやってみて下さい。

じっとしていても腰痛やギックリ腰やは良くなりません。
バランスよく動けるようになる事が大事です。
動いて、筋肉を少しでも動かして血流を良くして行く必要があります

 

 

 

私は腹筋が弱いのですが、それでも腰痛を改善できますか?

大丈夫です。腰痛は腹筋が弱いから起きたわけではありません。

逆に、「腹筋が弱いから腰痛になる」という間違った思い込みこそがギックリ腰や腰痛を発症させやすくなってしまいます。

 

 

腰痛やギックリ腰になったら、まず、病院に受診した方がいいのですか?

どちらとも言えません。

素晴らしい医師が救ってくれることもあるでしょうし、「骨が変形している」など不安を植え付ける医師もいます。

腰の不安や痛みの恐怖が腰痛回復に妨げになります。

ただの腰痛やギックリ腰を根本から良くしたいなら、病院に行くよりもこのマニュアルをやった方がいいと思います。

しかし、腰の痛みが腰痛の痛みではない可能性があります。

腰痛の痛みではない、腰の痛みについて日本臨床内科医会のホームページより以下のようにあります。

 

「危険な腰痛とは  この様な時はこの様な時はすぐに受診を 」とあります。

 

 大半の腰痛は自然によくなり ますが、まれながら治療を急ぐべきケースもあります。

 

 ◇じっとしていても痛みが引かない…内臓や血管の病気の疑 いがあるので詳しい検査が必要です。

とくに突然、背中から腰 にかけて激しい痛みが起こり、からだを動かさないのに強く痛 むときには大動脈解 か い り 離の可能性があり、一刻を争います。

 

 ◇足のしびれや麻痺、尿・便の失禁などを伴う…脊椎の中の 神経が強く障害されていることを 示す症状です。

治療のタイミング を逃すと治療後の神経の回復が 悪く、後遺症が残ってしまいます。 ◇熱がある…体温の上昇を伴う場 合、脊椎への細菌感染が考えられ、 専門的な検査・治療が必要です。

 

◇痛みが徐々にひどくなる…がんなど進行性の病気や別の 病気が併発した可能性があります。

 

上記のことが気になる場合はすぐに病院へ受診してください。

ギックリ腰・腰痛の痛みではなく、内臓や血管などの病気の痛みです。

 

***** ***** ******

 

何か心配なら、病院で診察を受けてください。

その後から、マニュアルをしても構いません。

 

病院に行って、待ち時間やコルセットを作ったり、痛み止めを飲んだり、注射したりすることは対症療法と思います。

痛みをおさえようとしているだけで、一時的にしか効果がないということです。

何回も言ってますが、私はバランスを良くすることが腰痛とおさらばすることと思っています。

 

このマニュアルに取り組むタイミングについて、

 

腰痛やギックリ腰になったら、すぐ取り組むのが良いのですか?または、少し痛みが治まってから取り組むのが良いのですか?

 

早ければ早いほどいいです。すぐに取り組むことをお勧めします。

腰痛やギックリ腰は、痛い所をかばってしまうために、体のバランスが極端に悪いの方向に傾いてしまいます。
早ければ、早いほど、バランスを取り戻すチャンスがあるのです。

 

 

腰痛やギックリ腰で痛みの強い時は安静にしているのがいいと思うのですが、どうでしょうか?

よく病院に行くと「安静にして休んでください」と言われるのですけど、
ギックリ腰や腰痛は安静にしているとかえって、回復が遅れます。

安静にして過ごすことは、早期に回復チャンスを放棄することでもあります。

そして、長期的な悪化に繋がりかねません。

 

ギックリ腰の時やひどい腰痛の時は、脳がちょっとしたショック状態になっており、ちょっと動いただけで「痛みを出しとけ!」と過敏に痛みの神経回路が働き、痛みを感じます。

 

なので、脳に「動いても大丈夫だよ」と安心させる必要があります。

そして、動くと痛いと思っても意外と少しずつ動けるようにする定石があります。
手順もあります。
なので、動けないと思ってもこのマニュアル通りにチャレンジすることで腰痛改善の道があることを知ってもらいたいです。
痛いのに無理やり動くことはしませんので安心してください。

 

このマニュアルは腰痛体操やストレッチのようなものでしょうか?

いいえ、腰痛体操と言われるものとは違います。

骨格を安定させるために、正しいバランスで動くことの方法です。

正しいバランスでの動作は、腰に負担がかかりません。

逆に、体が正しいバランスで動いた時に腰の緊張はなくなります。

なので、腰をマッサージなどでほぐす必要もないのです。
正しいバランスで動いた瞬間、楽に動けると実感できると思います

 

 

今は痛みがないのですが、腰痛やギックリ腰になった時に購入するのが良いのですか?

このマニュアルを実践して、体のバランスが良くなるとギックリ腰・腰痛になる可能性はかなり低くなります。

今後、ギックリ腰・腰痛の予防のために、今すぐ始められるといいですよ~

 

 

 

「腰痛がない世界がある」ということを

あなたに知ってもらいたい

 

リトアニアは「むち打ち」という言葉がありません。
リトアニア人は交通事故の後に首が痛くなるということを知りません。(交通事故の保険もないそうです)

「寝たきり」がいないスウェーデン。「寝たきり」という言葉もないそうです。
日本人は「寝たきりになるんじゃないかと怯えている人が多いですね。」

タンザニアのハザ族は狩猟採集民族で、1日中走り回り、1日中重たいものを持ち上げています。

しかし、ハザ族の人達は、ギックリ腰や慢性腰痛やうつ病がありません。さらに、病院もないし、医師もいません。

なぜ、1日中、走ったり、重いものを持ち上げたりしても腰痛にならないのでしょうか?

不思議と思いますか?

不思議と思った時点で、あなたは「腰が弱い」というイメージを持っているのですよ。

本来、腰はものすごい強いんですよ
イメージの力って、すごいんですよ。

「脳でイメージしてしまう」と実現してしまうんですね。
日本人は、「腰が弱くて、腰は痛くなるもの」というイメージを持っていて、腰痛やギックリ腰を身近に感じています。なので、自分が、「ギックリ腰や腰痛になる」と、どこかで意識して、イメージしてしまっているです。

私が教えて、体のバランスが良くなった人は「腰痛にならない」「重いものを持ち上げても腰は大丈夫」とイメージが変わります。
イメージまで変わることが腰痛を日本から減らすことにつながると思います。

皆さんにも体のバランスを手に入れてもらい、腰痛のない世界を一緒に作っていってもらいたいです。

自分でバランスを変えて腰痛改善させるマニュアルを手に入れる

※マニュアルサイトを閲覧できる期間は、ご購入から 6 ヶ月です。